ノンシリコンシャンプーとは?

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの歴史

 

そもそもノンシリコンシャンプーっていつからあったのでしょうか?実は随分前からノンシリコンシャンプーはありました。

 

もともとシャンプーとは頭皮を清潔にするために使用するもので、1970年代は洗髪は2日に1回という人の方が一般的でした。シャンプーは美容効果よりも頭皮をいかに清潔にするかに重点が置かれていたと言えます。

 

1980年代にはバブルの影響により「朝シャン」が大流行。その結果、朝と夜と1日2回シャンプーをする女性が急増し、シャンプーの消費量が急激に増加します。

 

今では当たり前にみる「ハンドシャワー付き洗面台」も登場し「朝シャン」は新語・流行語大賞の「新語部門・表現賞」にも選ばれ、社会現象になりました。

 

その流れをうけてシャンプーの香りが重視さるようになり、様々な商品が開発されるようになりました。

 

1990年代は大流行したソバージュにより、強めのパーマヘアにする女性が増えました。それにより深刻化していくダメージヘアの対策がなされるようになりました。

 

この頃、トリートメント効果のあるコーティング剤「シリコン」をシャンプーにいれる画期的なヘアケア商品が発売されます。それが「シリコン入りシャンプー」になります。

 

1990年代後半から2000年にかけて「カリスマ美容師」の登場、ヘアーカラーリングの流行にともない、どんどんヘアケア製品への関心が高まっていくようになります。

 

近年、頭皮へのダメージへの負担を懸念して、シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーへと回帰する形になり今の「ノンシリコンシャンプー旋風」があるのです。

 

ノンシリコンシャンプーっていったい何?

 

ノンシリコンシャンプーという言葉をよく耳にします。ドラッグストアに行けばたくさんの種類のノンシリコンシャンプーを目にすることでしょう。でも、いったいノンシリコンシャンプーってなんのことを指すのでしょうか?

 

ノンシリコンシャンプーは、読んで字のごとく「シリコンの入ってないシャンプー」のことなのですが、長い間、日本のシャンプー市場を独占してた「シリコンシャンプー」の地位を奪うことが出来たのでしょうか? 

 

正確には「シリコン」は、「シリコン」ではなく「シリコーン」です。このシリコンはオイルのようなもので、髪をコーティングしてくれる作用があります。

 

しっかりとコーティングしてくれるので、手触りが良くなります。ですが、ただ髪にコーティングをするだけなので、髪の毛本来のダメージを補修することはできません。

 

とういうことはノンシリコンシャンプーだと手触りが悪くなるの?と普通は思いますよね。その違いを説明します。

 

なぜノンシリコンを選ぶのか

 

元は珪石から抽出したものから作った化学物質が「シリコーン」で、それが一般的にシリコンと呼ばれているものです。

 

このシリコンは、シャンプーのみならず日常生活で目にする様々なものに使われています。例えば人工心肺膜やコーヒーにも・・・

 

なぜこんなに様々なもの使われるのでしょうか?それはシリコンは安全だからなのです。

 

だったらシリコンシャンプーでいいのではないか?と思いますよね。決してシリコンそのものが悪いものではないのです。

 

シリコン入りシャンプーを使うと、想像以上に髪の毛がツルツルサラサラになるのがわかりますよね?シリコンは、優れたコーティング剤です。ですが、ダメージを補修することは出来ません。

 

本来、汚れを落とすための洗髪をコーティング剤に頼り指通りを良くしたことで、きちんと汚れが取れていない状況に陥るのです。結果、頭皮に汚れが残り髪のダメージを進行させてしまいます。

 

なんだか頭皮がべたつくかな?って思った事ありませんか?それはシリコンが頭皮をふさいでるからかもしれません。頭皮や髪本来のことを考えて「ノンシリコンシャンプー」を選ぶ人が増えているのです。

 

ノンシリコンシャンプーはどんな人に適しているの?

 

前述した通り「シリコンが悪い」というわけではありません。シリコンシャンプーにメリットはもちろんあるのです。

 

では、どういう髪質の方にノンシリコンシャンプーが適しているのでしょうか?

 

シリコンは髪の毛一本一本をコーティングする役割があります。その為、シリコンを使うとパーマやカラーリングが浸透しにくくなります。パーマやカラーを長持ちさせたい方はノンシリコンシャンプーが適しています。

 

他には・・・

 

  • 髪の毛にハリがない
  • ボリュームがなくペタンとする
  • 頭皮がべたつく
  • 全体的に元気がない

 

こういう方はノンシリコンシャンプーが適しているでしょう。

 

 

逆に

 

  • 毛量が多く、髪が太く固い
  • 広がりやすい

 

などに該当する方はシリコンシャンプーが適していますね。